問題はコストですね

この前、実家に帰ってみて思ったことですが・・・

実家は、オール電化にしていました。

つい最近取り入れたみたいです。

しかも、太陽光発電システムまで取り入れているので、電気代がかからないと言っていました。

電気代がかからないって、どういうこと?

と思ってしまうのですが、これは簡単なことです。

太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを電気に変えるシステムのこと。

そのため、一度設置するだけで、あとは勝手に発電してくれるのです。

場合によっては、発電した電気量が使った電気量より多いときもありますよね。

そんなときには、電力会社が、その余った電気量を買い取ってくれるんです。

なので、自分の口座にお金が振り込まれることになるそうです。

これって、今まででは考えられないことですよね?

従来だと、電気はお金を払って使うものというのが常識だったわけですからね。

ですが、最大の問題は、導入する場合のコスト

設置するパネルの数によって、数百万円にもなるそうです。

ちなみに、わたしの実家の場合は、200万円ぐらいかかったそうです。

最初の設置費用を出せるか出せないか。

これが一番悩むところでしょうね。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。